新日本教育図書株式会社
当社は本州西端の山口県下関市に本社があり、英語教材・地域もの・錦鯉の専門誌のほか、沖縄の出版社ニライ社の発売元として、出版活動を50年近く行なっています。

ナビゲーション 英語 錦鯉 書籍 RINKO (English) 会社案内 お問い合わせメール 特定商取引に基づく表示

ハオルチアカデミー写真集(vol.2)
ハオルチア
アカデミー
写真集
(1〜3)

ご注文

ネイティブスピーカーから学ぶ英語(英語屋)

新刊案内
錦鯉
郷土山口
e 沖縄
一般書・その他

[お問合せ]

■書評掲載

図書館教育ニュース (平成15年12月8日発行 −第1004号付録−)『アメリカの高校生』の書評が掲載されました。

 本書は、ニュージャージー州の公立高校で教員生活を体験した著者が、アメリカの高校生や教師、父兄たちの姿を伝えるものです。
 著者が高校教師を経験しなかったらアメリカ社会をずっと誤解しつづけていたのでは…とあります。
 明るくて、くよくよ一人で悩むことが少ない、人前で意見をはっきり言えるように幼いときから教育されているなど、いい点ばかりではなく、彼らの周辺は問題も山積。
 はびこる麻薬、手の届く場所にある銃、煙草やアルコール、暴力、いじめ、セックス、エイズ、妊娠、両親の離婚などが生徒たちの心にも生活にも反映していることなど。
 現地生活から得たアメリカの姿が見えてきます。

北海道新聞 (2003/12/07(日)付)『松下村塾と吉田松陰』の書評が掲載されました。

 ペリーが日本に来航する3年前の1850年、九州の平戸へ旅だった1人の長州藩士がいた。弱冠20歳になったばかりの若者の旅の目的は、平戸藩にある新しい書物であった。彼はそれらの書物によって、「欧米列国の植民地支配がやがて日本にも及ぶ」と衝撃を受けた。
 彼の名前は吉田大次郎―後の吉田松陰である、本書は、黒船来航から数年後に長州藩の松本村で「松下村塾」(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や山形有朋などの歴史的人物を育てた松陰の伝記本。自分の生まれた土地に劣等感を抱くべからずという「華夷(かい)の弁」。武士に頼るのではなく、民衆の力にこそ目を向けるべきだという「草莽(そうもう)論」など、地元出身の直木賞作家によって、松陰の先見的な教育観が浮かび上がる。


日本教育新聞 (2003.10.17(金)付)都筑学(中央大学教授)氏による『アメリカの高校生』の書評が掲載されました。