新日本教育図書株式会社
当社は本州西端の山口県下関市に本社があり、英語教材・地域もの・錦鯉の専門誌のほか、沖縄の出版社ニライ社の発売元として、出版活動を50年近く行なっています。

ナビゲーション 英語 錦鯉 書籍 RINKO (English) 会社案内 お問い合わせメール 特定商取引に基づく表示

ご注文

■TOEFL

 TOEFL(トーフル)はTest of English as a Foreign Languageの略称で、アメリカのETS(Educational Testing Service)によって実施されています。

1.目的

英語を母国語としない留学生の英語力を測るテストで、アメリカやカナダの大学に留学するとき、英語力を証明する書類として、このテストの成績を提出します。

2.試験内容

(1) Listening Comprehension(リスニング能力―口語英語を聞き取る力を測る)
(2) Structure & Written Expression(構文力―文法の知識と英語の構文の理解力を測る)
(3) Reading Comprehension(読解力―語彙と読解力を測る)
(4) Test of Written English(文章表現力―30分間で書かれたエッセイで文章表現力を測る)
【注】(1)〜(3)は四者択一のマーク方式

3.評価について

 TOEFLには合否がなく、スコア制のテストなので、何度も受験して、最も良い成績だったときのスコアを大学などに送付するのが普通 です。評価は正解数ではなく、各回の試験の難易度を調整した偏差値(200〜677)によって行なわれます。

4.留学するにはどのくらいの点数が必要?

 留学の許可条件として、アメリカの場合、4年制大学では500点以上、2年制のコミュニティ・カレッジでは450点以上、大学院で550点以上のスコアを要求する学校が多いようです。とはいえ、日本の大学にレベルが千差万別 あるように、アメリカでも選ぶ学校によって、要求されるスコアも上から下まで大きな開きがあります。

5.備考

TOEFLに関する詳細はこちら↓から
TOEFLのオフィシャルサイト:http://www.toefl.org

その他英語学習情報